スマホ老眼が増えている!眼精疲労が原因?

どうしてスマホ老眼になるのか

スマホ老眼になる原因は眼精疲労です。

 

スマホ老眼とは30代以下の若い世代に出る老眼のような症状で、手元のスマホを見過ぎたことにより、目のピントが合いにくくなる症状を言います。

 

ファンケルえんきんお試しセットで、ファンケルの目のサプリ「えんきん」でもスマホ労眼として挙げています。
老眼=労眼です。

 

具体的な症状として、

  • 目が疲れる
  • 目がかすむ
  • ピントが合いづらい
  • 肩凝り、頭痛

などが挙げられます。

 

眼精疲労とは

慢性的に目の奥が痛む、すぐに目が疲れ頭痛がする、眩しさを感じやすく涙が出るなどの症状が眼精疲労の代表的な症状です。

 

目のピントを合わせるためには、眼球にある毛様体筋が働き水晶体の厚みを調整する必要がありますが、目を酷使するとこの働きが鈍り、ピントが合いにくくなります。

 

これにより眼精疲労を発症します。

 

スマホ老眼とは

スマホ老眼は比較的軽度の眼精疲労です。

 

目を休めた後はよく見えますが、目を使っていると段々見にくくなるという特徴があります。

 

30代以下の老眼とは無縁の世代に発症するもので、子供の発症例もあります。

 

充分な対策を取って、重度の眼精疲労にならないようにしましょう。

 

スマホの画面の見過ぎは毛様体筋を酷使しますが、光彩筋にも疲労が蓄積します。

 

この筋肉は目に入る光の量を加減するもので、疲労により調節がうまくいかなくなると、薄暗い所で物が見えにくくなります。

 

スマホ老眼を防ぐには

長時間スマホの画面を見続けると、液晶の強い光(ブルーライト)で目がとても疲れます。

 

つまり、『休憩を取り目を休める』『目とスマホは30センチ以上離す』『画面設定を暗めにする』などの点が大切です。

 

ブルーライトを軽減する眼鏡もありますので、対策の一つとして、それを活用する方法もあります。

 

また、眼科を受診し医師の診断を仰ぐのもとても有効です。

 

処方された目薬で改善することも多いので、スマホの使い過ぎや目の疲れを自覚した場合は、速やかに眼科に行くことも重要です。

 

さらに別の方法として、目の周りをほぐしたり温めたりすることも効果があります。
これは眉頭付近になる、『四白』というツボを刺激したり、蒸しタオルで目を温めたりする方法です。

 

『四白』などのツボは、ついグリグリと強くほぐしてしまいがちですが、指を当てて癒すような感覚で、そっと刺激して下さい。

 

温める場合は、蒸しタオルのほかに市販のアイピローがあります。

 

これは電子レンジで温めてから目とその周りを覆うもので、湿気のあるぬくもりが疲れた目をほぐします。

 

タオルであずきを包んだ『あずきカイロ』もこれらと同様の効果があります。

 

湿った熱が疲れた筋肉をほぐすので、手や体を暖める使い捨てカイロではなく、湿気があるものを選ぶ必要があります。

 

 

えんきんお試しセット

 

えんきんはこちら