機能性表示食品!ファンケル「えんきん」成分の効果

機能性表示食品!ファンケル「えんきん」に配合されている成分効果

機能性表示食品として販売され注目を集めたファンケルのサプリメント「えんきん」。

 

今回は4つの主要成分について、どのような効能効果があるのか、みていきたいと思います。

 

えんきんの成分

 

ルティン、DHA

ルティンは目の水晶体や黄斑部に存在する主要なカロテノイドで、各部位が正常に機能するのに重要な役割を持っています。

 

ルティンは強い抗酸化力があることで知られていますが、DHAと複合して投与することでよりその機能効果を高めるといわれています。

 

また、ルティンは目にとってダメージの大きい青色の光を遮光する働きもあります。

 

アスタキサンチン

エビやカニ、サケの身などに含まれる天然の赤い色素でルティン同様、高い抗酸化作用があります。

 

アンチエイジングが話題となった際に知った方も多いかもしれません。

 

1日の摂取量の目安は6gといわれますが、サケを例に挙げれば切り身2切れ程度になります。

 

しかし、毎日サケの切り身を摂るというのも中々難しいので、サプリメントでの摂取が効率的です。

 

シアニジン-3-グルコシド

アントシアニンの一種ですがカシスなどに含まれる特有の成分で、特に眼精疲労に効果があるとして注目されています。

 

アントシアニンは有色野菜や果実の赤紫色を構成する成分ですが、同じように目にいいとされるブルーベリーには含まれていません。また即効性もあるとされ、摂取後約15分程度で効果が表れ始めるというデータもあります。

 

推奨摂取量は1日100mg〜360mg程度です。

 

 

 

目にいい成分とその効果を増す成分が詰まった機能性食品のファンケルえんきん。

 

最近ピントが合いにくいなと感じている人やしょぼしょぼ目、かすれ目など疲れ目に効果を期待されています。

 

一度試してみてはいかがでしょうか?

 

私も試してみました。
こちらで、ファンケルえんきんお試しセット体験談をどうぞ♪