腰痛を解消するおすすめマットレス&敷布団

エアーマットレス

エアーマット

こちら

敷布団

敷布団

こちら


腰痛とマットレス(敷布団)との関連性

 

立っていても座っていても、腰痛はツラい!
この痛みは、経験した人じゃないときっとわからない!

 

腰痛もちの友人曰く、「身体に悪いとわかっていても、ついつい腰の骨をならしてしまう・・・。」それは、本当の腰痛もちではないっ!

 

骨を鳴らすどころか、酷い時には寝返りをうつのも、息をする時もツラいのだから。骨を鳴らすなんてとんでもないっ!

 

腰痛は、どんな寝具を選んでいるかも関連してきます。
当然、毎日睡眠時間はとりますから、態勢は微妙に変われども、同じように寝転がっているわけです。

 

自分に合っていない寝具を使い続ければ、腰を痛めるのは当然ですし、腰痛持ちであれば痛みを軽減するどころか悪化させてしまうでしょう。

 

枕も大事ですが、特に腰への影響が考えられるのは、マットレス!
快適な睡眠と、腰痛の問題の解決のためにも、マットレスはしっかり選びたいところです。

 

マットレスを選ぶときのポイント

フィット感が大切!
まずは実際に寝転がってみること!

 

よく通販でお買い得なマットレスを見かけますよね。
お安く購入できて、品質が良さそうなものも多い。
しかし、たとえ品質が良かったとしても自分に合わなければ意味がありません。

 

出来れば店頭で実際に、横になった時の身体のフィット感を確かめたうえで購入しましょう。

 

とは言うものの、実際の店頭では種類が少ないですよね。
そのような場合は、ネットで検索をしてみて腰痛を解消するマットレスを探してみてください。当サイトでも腰痛を軽減するマットレスや敷布団を掲載しています^^

 

マットレスの要とも言える「体圧分散」について

腰痛マットレス

フィットしているマットレスは、身体にかかる圧力をまんべんなく分散してくれます。

 

腰などの特定の場所に体重がかからなくなりますので、その負担が減るのです。

 

また、身体が沈みすぎるマットレスはあまりよくありません。

 

睡眠姿勢がキープしにくく、かえって腰痛の原因となってしまうからです。
ある程度のサポート力も大切なのです。

 

バランス良く体圧分散されているマットレスの場合、朝起きた時すぐにわかります。
まず、カラダがこっていません。ダルさも感じません。

 

通気性と保温性を確認すること!

腰痛マットレスの通気性

 

人は寝ている間にたくさん汗をかきます。
汗をかいて蒸れたり、その汗で身体が冷えてしまったりしますので通気性・保温性が優れているものを選びましょう。

 

季節で変える布団と違って、マットレスは年中使いますから、オールシーズン快適に過ごせるものがいいです。マットレスの性能はを、しっかりチェックしてください。

 

マットレスを長持ちさせる秘訣

寝転がった時、重心は腰(おしり)となります。
同じ部分に重圧がかかればマットレスは早く傷んでしまいます。

 

せっかく良いマットレスを買っても、それでは意味がありません。
3か月に1回は上下置き換えたり、裏返したりすることで長く使用できます。タイヤのチェンジなようなものです^^;

 

そして、合わせて行っていきたいのが、膝の筋力強化。
膝の筋力が低下することで、膝ばかりではなく腰にも影響を与えてしまいます。
簡単な、膝痛予防のストレッチを日課にしていくことで、筋力が強化します。

 

管理人は、30分の散歩と自宅でストレッチを行っています。
1年以上続けているのですが、体幹がしっかりしてきた印象を受けます。

 

身体の軸をまっすぐにすることで膝、腰への負担はなくなります。
ゼヒ、試してみてください^^